男性ホルモンには

はげる

抜け毛が増加してしまう理由は幾つもあります。
その中でも男性の抜け毛増加に大きな影響を与える原因の1つと言われているのが、男性ホルモンです。
男性ホルモンに含まれているテストステロンと言われる物質は、他の物質と化合する事で抜け毛を引き起こしてしまう物質に変化してしまいます。
つまり男性ホルモンが多い男性は、それだけで抜け毛が増加してしまう可能性が高いと言えるのです。

そこで使用したいのが、男性ホルモンと化合してしまう物質である5aリダクターゼと言う物質を抑制する作用を持っている育毛剤です。
男性ホルモンは抑制する事が難しいですが、この5aリダクターゼを抑制する事は可能です。その為、男性ホルモンの変化を抑制する事ができ、抜け毛の増加を抑える事が出来るのです。

男性ホルモンが多いのではと自分で思う場合には、この男性ホルモンの変化を抑制する働きを持っている育毛剤の使用が効果的だと言えるのです。

皮脂

抜け毛

抜け毛を考える上で忘れてはいけないのが、皮脂です。
皮脂は頭皮を保護する役割を担っている為、完全になくなってしまう事はよくありませんが、過剰に分泌されていると雑菌のエサになってしまい不潔ですし、臭いと言われる原因にもなります。
その為、抜け毛を増加させない為だけではなく、女性に嫌われない為にも、この皮脂を意識しておく事は大切になります。

まず頭皮が油っぽくなりやすいと言う人の場合は、皮脂の分泌を抑制してくれる育毛剤を使用するのが効果的です。
また他には、育毛シャンプーを使用する事で、過剰な皮脂の分泌を抑制する事が出来ます。
そして育毛シャンプーは、安く売られている物よりも、頭皮に対して非常に優しいと言う側面があります。その為、育毛剤と併せて育毛シャンプーを使用する事で、皮脂のコントロールだけではなく、頭皮のダメージを軽減する事も期待できるのです。

このように皮脂で悩んでいる場合は、皮脂抑制効果のある育毛剤や育毛シャンプーを使用する事で、悩みを解消する事が出来ます。

毛母細胞

髪の毛

薄毛と言う悩みは、抜け毛だけが原因ではありません。
新しい髪の毛が生えて来ない事も薄毛になる原因の1つです。
つまり、多少の抜け毛があってもそれを上回る量の髪の毛が生えてくれば、薄毛に悩まされる事もありません。

その為に使用したいのが毛母細胞を活性させる働きを持っている育毛剤です。
毛母細胞とは、髪の毛を作る細胞で、この毛母細胞が充分に働いていなければ髪の毛は作られないのです。
逆に言えば、毛母細胞を活性化させる事が出来れば、生えてくる髪の毛の量を増加させる事が可能なのです。
この毛母細胞の活性化を行える育毛剤を使用する事で、毛母細胞の働きに欠かす事の出来ない、ビタミンや亜鉛等の栄養素を補給する事が可能です。必要な栄養素を得た毛母細胞は、より活性化し、髪の毛の生成量を増加させる事が出来ます。

このように毛母細胞活性化は、薄毛の悩みを解決してくれる有効な方法の1つなのです。